読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂道が好き。

努力・感謝・笑顔 うちらは乃木坂上り坂46 / 謙虚・優しさ・絆 キラキラ輝け欅坂46

【速報】欅坂46 初ワンマンライブ レポ@有明コロシアム 12/25

 

2016年12月24・25日の2日間にわたって、欅坂46初のワンマンライブが有明コロシアムにて行われた。

 

ここでは2日目、12月25日のライブの模様について触れたい。

 

 

 

  • 欅坂46のこれまでを振り返る楽曲たち

 

 

さて、欅坂46(漢字欅)・けやき坂46(ひらがなけやき)ともに32人が出演した今回のワンマンライブ。

最初に会場に流れた曲は、3rdシングル"二人セゾン"のカップリング曲である、"大人は信じてくれない"

 

ヘドバンのように頭大きく振る非常に激しいダンスで有名なこの楽曲。圧巻のパフォーマンスを披露した欅ちゃんたち。

大人への反逆といった、ある種、欅坂46のイメージを大胆に露にするこの曲で会場の心を一気にわしづかみにする。

更にはこの楽曲では終盤で、メンバーが一列になり腕を組み一人ずつ崩れ落ちていくダンスがあるのだが、最後に崩れるのに堪えるセンターの平手友梨奈が、曲の終わりに一言。

 

 

 

有明コロシアム、かかってこい」

 

 

 

この一言に会場全体が悲鳴のような歓声を上げ、会場のボルテージはマックスに。

 

筆者はこの瞬間に平手友梨奈のとんでもないオーラと人を惹きつけるなにかに、完全に魅了された。

 

 

その後もこれまで発表されてきた楽曲が続き、まだデビューからわずか8か月ほどと、他のグループなどに比べればまだまだ短い歴史ではあるのかもしれないが、ファンとメンバーはこれらの楽曲を聴きながら、欅坂46が確かに歩んできたこれまでを振り返ったことだろう。

 

 

 

 

 

そんななかクリスマスならではの催しとして、クリスマスダンを披露した。

サンタの衣装に身を包み、いつもの曲とは一転、かわいらしいダンで会場のファンにこれまた素晴らしいクリスマスプレゼントを届けてくれた。

 

普段はクールでかっこいい楽曲を披露する彼女たちなのだが、ファンの皆さんならご存知のことであろう。

そもそも欅坂46に多いのはふわふわ系のかわいらしい女の子なのである。笑

 

サンタの衣装で可愛らしく踊ることが、似合わないわけがない!!!

(※筆者の個人的な感想がだだ漏れで申し訳ございません。)

 

 

 

そして、けやき坂46(ひらがなけやき)の楽曲も終え、彼女たちもこの短期間ながらにめまぐるしい成長とポテンシャルの高さを見せつけた。

 

そしてライブは終盤に・・・。

 

 

最後は表題曲3連続!!

3rdシングルの"二人セゾン"から始まり、2ndシングル"世界には愛しかない"

そして今年(2016年)の4月6日に衝撃のデビューを果たした楽曲。

1stシングル"サイレントマジョリティー"を披露した。

 

どの楽曲も発売当初より明らかにパワーアップしたパフォーマンスを見せ、大変な成長を感じた。

 

この3曲を披露し終えると、欅ちゃんたちは一度舞台上からはけ、アンコールへ。

 

 

 

  • 涙と笑顔の初ワンマン

 

 

会場はアンコールで出てくる欅ちゃんたちを心待ちにして、

 

「欅坂!46!」

 

と大きな声でアンコールを行った。

 

 

アンコールに応え、メンバー全員が舞台上へ登場。

 

そこで今回のライブで、終始MCを務めた菅井友香から大粒の涙を流しながらのコメントが・・・

 

「私たち欅坂46は、大先輩方の恩恵を受けて身の丈に合ってないって言われても仕方がないようなとても大きいステージに立たせていただいて・・・」

 

特にこのことで連想されるのは今年の紅白歌合戦出場の件などだろう。

ファンを含め、欅坂46冠番組"欅って、書けない?"でMCを務める土田ですら、まだ時期尚早なのではないかと、心配の声を上げていた。

 

だがそんなことは、彼女たち自身が一番感じていることで、彼女たち自身が一番に悩んでいることであった。

 

特にメンバーの齋藤冬優花は、自身がダンスを経験していたこともあり、欅坂46ダンスのクオリティーを上げることに大変悩んでいたらしい。

アイドルだからアイドルらしくかわいく踊ってればそれでいいのではないか、だが彼女自身としてはそれでは満足いかない。最高のパフォーマンスを届けたいと、心の葛藤があったようだ。

 

その言葉を聞き、それまで涙を抑えた平手友梨奈もついにこらえきれず、俯きがちに顔を手で覆った。

 

 

彼女たちの悩みから立ち上がった姿、まっすぐな姿勢、こぼれる涙に、覚悟と強い意志を感じずにはいられなかった。

 

 

 

 

 

最後にはなんとサプライズで、欅坂46の32人全員で歌う初の楽曲。

W-KEYAKIZAKAの詩を披露した。

 

タイトルを聞いた時の筆者の率直な感想を言おう。 

「えっ、微妙~・・・ ってか、かっこ悪くない?」

 

お気づきの方もいるだろうが、W(ダブリュー)には、"漢字"と"ひらがな"両方で歌う。

という意味が込められているのだろう。

一部ファンでは「アルファベット欅誕生か?」などと囁かれたりもしていたが 笑

 

ただそんなタイトルに反して、曲はなんとも素晴らしく、ライブの締めにはもってこいの楽曲だった。

 

 

 

W-KEYAKIZAKAの詩 / 欅&けやき坂組

作詞:秋元康
作曲:前迫潤哉、Yasutaka Ishio

 

どこで僕は坂を上り始めたんだろう?

気づいたら 知らない景色を見上げてたんだ
平坦だと信じていた目の前の道
ほんの少し傾斜してるそれは希望かもしれない

 

やりたいことなんて何にもなかった過去の自分がいる
夢とか愛とか関係ないような世界だった

 

One day ある日 僕のまわりには
同じ目をしたみんながいた
生きることに不器用な仲間
一緒に歩いて行こう
欅坂 けやき坂
僕の声は聴こえてるか?
欅坂 けやき坂
一人じゃないよ 坂組だ



ずっと先の坂の上はどんな空だろう?
立ち止まり想像をするより確かめたくて…
昨日までの自分とは全然違う
肩で息をするくらいに険しい勾配になった

 

「やってみよう」生まれて初めて固く決心をした
願いや祈りに支えられるものも悪くはない

 

Someday いつか 君と抱き合って
涙流して喜びたい
目指すものがやっと見つかった
心一つになれる
欅坂 けやき坂
君の声は届いてるよ
欅坂 けやき坂
絆っていいね 坂組だ



僕たちは生きている
お互いのこの情熱
脈を(脈を) 打って(打って)
叫んでる

 

One day ある日 かけがえないもの
僕は絶対 あきらめないよ
明日に続くこの角度
上り続けてく

 

Someday いつか 君と抱き合って
涙流して喜びたい
目指すものがやっと見つかった
心一つになれる
欅坂 けやき坂
君の声は届いてるよ
欅坂 けやき坂
絆っていいね 坂組だ
坂組だ

 

 

 

さて、先ほどの紅白の一件にも遡るが、ファンである私たちは心配なんかではなく、彼女たちを信じ、大きな声で少しでも応援してあげることが彼女たちへの精一杯の愛の注ぎ方なのではないかと、筆者は思う。

 

結果としてどうだろう。こうやって初ワンマンも開催できるほどに彼女たちのパフォーマンスはみるみるうちに成長していっているではないか。

僕はダンスなどについてはまったくのド素人だが、これだけは言える。

彼女たちのダンスは人の心を動かせるほどに素晴らしいものだと思う。彼女たちはもうすでに一流アーティストの世界に踏み込んでいる。

 

まだまだデビューから間もない彼女たち。これがこの先もっともっと進化すると思うと、私はわくわくせずにはいられない。

 

 

今日の彼女たちのキラキラした目。そこに彼女たちの未来を感じた、そんな一日だった。

 

 

 f:id:gtomo:20161225222908j:plain

2016.12.25

 

【乃木坂46】2017/2/20の さいたまスーパーアリーナ にハルジオンが咲く!?

 

2016年、激動と飛躍の年であった乃木坂46

 

最近ではテレビで見かける回数も増え、音楽番組には必ずと言っていいほど出演し、

日本テレビの朝の報道番組"ZIP!"の2016年取材回数ランキングでは名だたるアーティストや海外セレブなど抑え堂々の1位!

レギュラー番組を持っているメンバーもちらほら…

 

また、ここ1週間近くで 齋藤飛鳥 白石麻衣 橋本奈々未 の3人が立て続けに写真集の発売を発表するなど勢いが止まりません!

 

 

齋藤飛鳥ファースト写真集 潮騒

齋藤飛鳥ファースト写真集 潮騒

 

 

 

白石麻衣写真集 タイトル未定

白石麻衣写真集 タイトル未定

 

 

更には 5TH YEAR BIRTHDAY LIVE も発表され、モバイル先行受付に関してはすでに当落の発表もあり、ファンの皆さんは一喜一憂されたことと思います。

(私事ですが、筆者は見事に惨敗です…。落選された皆さん、次の抽選に望みをかけて引き続き頑張りましょう!!!)

 

中でも初日の2017年2月20日の公演においては、現在発売中の16thシングル"サヨナラの意味"でセンターを務める 橋本奈々未さん が卒業されるということで、みなさんの思いも、より強いのではないかと思います。

(またまた私事なのですが、2月20日は同グループメンバーの 伊藤万里華さん のお誕生日であり、筆者の誕生日でもあるのです。今回のライブは絶対当ててやる!!!笑)

 

 

gtomo.hatenablog.com

 

サヨナラの意味(Type-A)(DVD付)

サヨナラの意味(Type-A)(DVD付)

 
サヨナラの意味(Type-B)(DVD付)

サヨナラの意味(Type-B)(DVD付)

 
サヨナラの意味(Type-C)(DVD付)

サヨナラの意味(Type-C)(DVD付)

 
サヨナラの意味(Type-D)(DVD付)

サヨナラの意味(Type-D)(DVD付)

 

 

 

 

そこで、ファンの間である うわさ” が浮上してきているのです…

 

 

 

 

 

(※ここからはあくまで、筆者や一部ファンの希望的推測によるお話です。)

 

2016年6月15・16日に2日間にわたって開催された 乃木坂46 真夏の全国ツアー2016 ~深川麻衣卒業コンサートにてご卒業された乃木坂46元メンバーで、

14thシングル"ハルジオンが咲く頃"でセンターを務めた 深川麻衣さん バースデーライブに参戦するのではないかといううわさが流れ始めているのです。

 

同コンサートにおいて、深川麻衣さん と関係の深かった 橋本奈々未さん は大粒の涙を流しながら、深川麻衣さんの卒業を惜しみ、その姿に乃木坂ファンたちは心打たれました。

 

そんな仲良しなお二人だからこそ、こんな素敵なサプライズが実現することも夢ではないだろうと、ファンは期待を込めてそんなうわさを立て始めているのかもしれませんね。

 

 

筆者としましても、こんなサプライズが実現するのであればこれほど嬉しいことはありません!ぜひともよろしくお願いします、運営さん!!!笑

 

 

そんなことより、とにかくチケット確保しなきゃですね…。

皆さん頑張りましょう。笑

 

 

乃木坂46 3期生お見立て会レポ!一番人気は〇〇か!?


徐々に人が集まり、ざわざわとしてきた中。会場が暗くなり、映像BGMとともに一人ずつ現れた乃木坂3期生ちゃんたち!一人一人が初々しくて本当に可愛かった。

 

一人ずつのアピールタイムに入り、スタートは伊藤理々杏
沖縄出身を生かし、"うれシーサー♡"で会場のファンの心を掴んだ。
12人とも実に個性豊かなキャラクターを持っていて、どの子も推せるといった印象だった。 

 

アピールタイムが終わり、3期生ちゃんたちがはけると、"自撮りで地元紹介!"という映像が流れ始めた。
自撮りだけあって画角とかは気にされてなくて、とにかくゆるくて可愛かった✨笑

 

映像が終わり舞台上に用意されたのは、体操用のマット、高飛びの台、バスケットゴール。そして再び3期生ちゃんたちが壇上に、乃木坂ジャージ姿で登場!
プチ体力測定が始まった。高跳びの時に、飛べなかった子たちがズッキュンを"やらされて"いたのだが、嫌そうにしていたのにナレーションがすかさず突っ込みひと笑いを取る。
印象としては特にまなったんの様なあまりにも酷い人はいなかった 笑

 

再び舞台をはけて流れたのは1期生たちのオーディション合格時の映像。彼女たちもここから始まったというメッセージ性のある映像は、途中から3期生たちの映像に切り替わり、ライブが始まる予感が高まる…

 

ファンの予想通り、OVERTUREが流れ始めて会場のボルテージはMAXに!!!コールも先輩たちのライブと遜色のない盛り上がり!!

 

ここから私事になってしまうのだが、僕としては踊りの比較的簡単なぐるぐるカーテンおいでシャンプーあたりで可愛らしく踊るのかと予想していた。が、メンバーたちが座ってるフォーメーションを見て、"命だ…"と気づき、鳥肌。
会場にいたファンたちも予想していなかったらしく、イントロのピアノが流れた瞬間、爆発的な歓声が上がった。

 

1曲目は 命は美しい
センターには暫定センターであった大園桃子
"命は美しい"は乃木坂の中でもとてもクールで、難しいダンスナンバーとして有名だが、彼女たちは見事に踊ってみせて、ポテンシャルの高さ、いや努力の賜物かもしれないが、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。
2曲目は 裸足でsummer
センターは与田祐希。hey!のコールで会場が湧き上がり、飛び跳ねる、ちっちゃな与田ちゃんは非常に可愛らしかった。曲終盤のリズムずれのダンスも見事に踊り、次の曲へ。
3曲目は ガールズルール
山下美月がセンターを務め、コールも大いに盛り上がり、

"づっきー!づっきー!超絶可愛い、づっきー!"

と初パフォーマンスでポジションも知らされてなかったファンたちが見事にコールを合わせ、会場に一体感が生まれた。乃木坂のファンは本当に温かい。

 

全ての行程は終わり握手会のレーン抽選へ。ファンたちは入場時にあらかじめレーン番号の書かれた紙を受け取っていて、3期生ちゃんたちが番号の書いたボールを引いてレーンに並ぶメンバーが決まる、というものだった。


ここで今年の運を全て使い果たしたか、僕の推しである久保史織里に見事当たった!!!
全力で叫んでしまって周りの目を気にしたが優しそうに微笑んでくれていた 笑

 

会場設営などもろもろ時間が経ち、ついにレーンに並んで握手の時間!ご対面!

 

----久保ちゃん握手会レポ。

久保ちゃん「こんにちわー!(手を全力で振ってくれてる)」

俺「プレイボーイで見たときから好きだったんだ!」

久保ちゃん「えー!めっちゃ嬉しい!あの白いワンピースのやつだよね!」

俺「そうそう!あっ、羊のモノマネやって!」

久保ちゃん「メ〜!(苦笑)」

 

真っ白でお人形みたいで本当に可愛かった。塩対応だと思ってたのに、まさかの神対応!!!絶対推したいって思わせてくれました。

以上僕の3期生お見立て会レポでした!内容も月並みで長くなってしまいましたが、好きな気持ちが伝わればいいなと思います!

 

【速報】乃木坂46 橋本奈々未が卒業を発表 / 16thシングル"サヨナラの意味" 歌詞

乃木坂ファンの僕にとっては非常に寂しいお知らせですが、乃木坂46橋本奈々未さんが2016年10月19日深夜に放送された『乃木坂46オールナイトニッポン』にて、グループを卒業することを発表されました。

 

卒業の日程については、ご本人の誕生日である2月20日に合わせてそのあたりを目処に調整されるそうなので、あと残り4ヶ月ほど活動を続けられるそうです。

 

同時に、橋本奈々未さんがセンターを務める2016年11月9日発売の乃木坂46、16thシングルの題名が"サヨナラの意味"であると発表され、僕を含め乃木坂ファンの皆さんは色んな考えを巡らせたことと思います。

 

橋本さんは「乃木坂46を卒業して、私は芸能界も引退します。一般社会で普通の女性として生きていこうと思っています。なので乃木坂46の橋本奈々未として芸能界に入って活動して、そのまま終わろうと思っています」と、卒業後の進退についても語りました。

 

 

ここで突然ですが、同放送中に流れた16thシングルの歌詞を下記にまとめました。

 

 

乃木坂46 16thシングル /サヨナラの意味

 

電車が近づく 気配が好きなんだ

高架線のその下で耳を澄ましてた

柱の落書き 数字とイニシャルは

誰が誰に何を遺そうとしたのだろう

 

時の流れが(時の流れが)

教えてくれる(教えてくれる)

過ぎ去った普通の日々が

かけがえのない足跡と

 

サヨナラに強くなれ この出会いに意味がある

悲しみの先に続く 僕たちの未来

始まりはいつだって そう何かが終わること

もう一度君を抱きしめて

守りたかった愛に変わるもの

 

電車が通過する 轟音(ごうおん)と風の中

君の唇が動いたけど聞こえない

静寂が戻り 応えを待つ君に

僕は目を見て微笑みながら頷いた

 

大切なもの(大切なもの)

遠ざかっても(遠ざかっても)

新しい出会いがまた

いつかはきっとやってくる

 

サヨナラを振り向くな 追いかけてもしょうがない

思い出は今いた場所に 置いて行こうよ

終わることためらって 人は皆立ち止まるけど

僕たちは抱き合ってた

腕を離してもっと強くなる

 

躊躇してた間に日は沈む(切なく)

遠くに見える鉄塔ぼやけてく(確かな距離)

君が好きだけど(君が好きだけど)

ちゃんと言わなくちゃいけない

見つめ合った瞳が星空になる

 

サヨナラは通過点 これからだって何度もある

後ろ手でピースしながら 歩き出せるだろう

君らしく

 

サヨナラに強くなれ この出会いに意味がある

悲しみの先に続く 僕たちの未来
始まりはいつだって そう何かが終わること
もう一度君を抱きしめて
本当の気持ち問いかけた

失いたくない

守りたかった愛に変わるもの

 

 

 

 

 

サヨナラ、今回で言うところの卒業。

そこに限らず、様々な"別れ"に対する気持ちの持ちかたや捉え方を今一度考えさせられるような歌詞ですね。

特に僕は"後ろ手でピースしながら 歩き出せるだろう 君らしく"というフレーズを聴いた時に、後ろを向いてピースを掲げて歩き出していく人の姿が浮かんで涙がこぼれました。

 

音楽に関しては、10thシングルの"何度目の青空か?"を彷彿とさせるような楽曲ではないかと思います。

また僕個人としては転調するところが本当に好きです。ライブの演出として転調するところで演奏がストップして、何か一言。なんて事があるのでは?と勝手な期待を抱いたりもしています。

 

 

そして、あらためて、乃木坂46のような長く続けるグループで大所帯であるからこそ起きる"卒業"というものを見つめ直す機会にもなりました。

 

最後に、個人的な意見を。

橋本さんのSっ気があり愛のある弟いじりや、人の不幸で笑ってしまうけどそれは笑ってあげないと可哀想だからというところや…

不思議な感性やオーラを持った、本当に素敵な方でした。

卒業後は芸能界を引退する方向で考えてらっしゃるそうなので、目にする機会はもうなくなってしまうのかと思うと、大変寂しいのですが。残りの4ヶ月間で目に焼き付けておきたいと思います。

 

"悲しみの先に続く 僕たちの未来 "

 

それを信じて…。